×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

身体を温めて、健康生活

身体が冷えている人は、どんなに良い薬を飲もうとも、素晴らしい療法を受けられても、その効果が十分に得られない事が多いです。良い効果を得るためには、体深温度を上げる必要があります。体深温度が上がる事で、身体が持っている力、生命力を発揮しやすくなるのです。

サイトトップ > 胃・腸の適温

胃・腸の適温

腸内には、たくさんの細菌がいますが、これらの細菌がしっかりと働く為の適温と言うのがあります。

腸内細菌が働き易い温度は、胃・腸の適温でもあるはずです。

なぜなら、胃・腸は、その栄養を吸収するに当たり、腸内細菌の助けを受けているからです。

腸内細菌の助けなくして、胃・腸は、人間が生活する上での必要な栄養素等を吸収できないことでしょう。

すなわち、胃・腸の温度が低ければ、腸内細菌は十分に働けない状態でもあるのです。

胃・腸の温度は、とても重要だと言えるのです。

胃・腸の温度は直腸温度に近いので、その温度を測るとおおよそ分かることでしょう。

腸もみダイエットというのがありますが、胃・腸の温度が低い人にとっては、思うような効果が得にくいでしょう。

温度が低いということは、胃・腸が硬いことにも繋がりやすいので、硬い状態のところに刺激を与えるのでは、時に痛いばかりになることでしょう。

腸もみダイエットでダイエットするのなら、胃・腸を温めることと並行して行うのが良いのです。





侍義療法の申し込みはこちら>>>ナルサワ自然療法院

体深温度の重要性一覧