×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

身体を温めて、健康生活

身体が冷えている人は、どんなに良い薬を飲もうとも、素晴らしい療法を受けられても、その効果が十分に得られない事が多いです。良い効果を得るためには、体深温度を上げる必要があります。体深温度が上がる事で、身体が持っている力、生命力を発揮しやすくなるのです。

サイトトップ > うつ病の方の身体の温め方

うつ病の方の身体の温め方

うつ病の患者さんの身体を楽にする療法で、意外と盲点なのが体温に目を向けていない点ではないでしょうか?
うつ病の患者さんの体温は、低い方が多いと思われます。

下記の書籍「「うつ」は温めて治す」でも、身体を温めることでうつ病が良くなった患者さんを紹介しています。


ナルサワ自然療法院の患者さんにおいても、うつ病の患者さんの体芯温度を、身体にお聞きしますと、温度が低い方が多いです。
体深温度の低い方は、楽になるのに時間が掛かります。

また、具体的に体深温度を上げる為に、ナルサワ自然療法院では、直接施術(当院にて)をする際に、50度くらいのお湯を入れたペットボトルの上に15分ほど座って頂いてから施術を始めております。

うつ病を楽にしたい方は、まず身体の体深温度を上げることから始めてはいかがでしょうか?
身体を温めながら、お医者さんの治療を受けてみてはいかがでしょう。





侍義療法の申し込みはこちら>>>ナルサワ自然療法院

症状別で温める一覧