×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

身体を温めて、健康生活

身体が冷えている人は、どんなに良い薬を飲もうとも、素晴らしい療法を受けられても、その効果が十分に得られない事が多いです。良い効果を得るためには、体深温度を上げる必要があります。体深温度が上がる事で、身体が持っている力、生命力を発揮しやすくなるのです。

サイトトップ > 足湯のすすめ(湯で温める)

足湯のすすめ(湯で温める)


侍義療法の申し込みはこちら>>>ナルサワ自然療法院

足湯で重要なのは、温度、時間

足湯は、とてもポピュラーな身体を温める方法の一つで、大変お薦めの方法です。しかし、たまにいらっしゃるのが、足湯をして、好転反応を起こし、酷い目にあったという人で

足湯で重要なのは、温度、時間

お湯の代わりに遠赤外線

足湯の難点は、お湯を準備したりするのが面倒なところです。体温が36.1度以上の方であれば、それほど温度を気にすることなく、心地よい温度で足を温めるのがよいでしょ

お湯の代わりに遠赤外線

ペットボトルで温める

コンビニ・スーパーなど、何処にでも売っている500MLのペットボトルを使って、身体を温める方法を教えます。丸みを帯びた500MLのペットボトルに、50度くらいの

ペットボトルで温める