×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

身体を温めて、健康生活

身体が冷えている人は、どんなに良い薬を飲もうとも、素晴らしい療法を受けられても、その効果が十分に得られない事が多いです。良い効果を得るためには、体深温度を上げる必要があります。体深温度が上がる事で、身体が持っている力、生命力を発揮しやすくなるのです。

サイトトップ > 体深温度とは?

体深温度とは?

体深温度とは、核芯温度とは少し違います。

”核心温度は、環境の変動によっても温度が変化しない生態の核心部(頭腔、胸腹腔など身体深部)の温度”とウィキペディアで調べますと、定義されています。

私が唱える体深温度とは、肝臓・腎臓・胃・腸の温度を指しています。

肝臓は、人間の身体の化学工場と呼ばれるように、人間が生活するうえでのエネルギーは、この肝臓で生成されていると言っても過言ではないでしょう。

肝臓は、人間の身体の中で一番温度が高いのですが、この肝臓の温度が低いと言う事は、化学反応が不十分な状態であると言えます。

腎臓は、血液をろ過する役割を果たしていますが、腎臓の温度が低いと言う事は、このろ過する働きが悪いと言えます。

胃・腸は、食事を通して、栄養素を吸収するところです。

この胃・腸の温度が低いことは、栄養素をしっかりと吸収できないことと同じと言えます。

私は肝臓・腎臓・胃・腸の温度、すなわち体深温度が、人間においてとても重要な温度であると思います。





侍義療法の申し込みはこちら>>>ナルサワ自然療法院

体深温度の重要性一覧